「地球の歩き方」事業譲渡、1月から学研子会社へ

  • 2020年11月18日(水)

 ダイヤモンド社は、子会社で「地球の歩き方」関連事業を行っているダイヤモンド・ビック社の事業を、学研ホールディングスの100%子会社で出版事業を行う学研プラスに譲渡すると発表した。

 ダイヤモンド・ビック社は1969年の設立以来、「地球の歩き方」をはじめとする海外旅行ガイドブックを中心に事業を展開し、近年はインバウンド旅行者向け冊子なども手掛けてきた。しかし今年に入り、新型コロナウイルス感染症の影響で海外旅行関連の環境が大きく変化。事業の維持と発展を図るため、事業譲渡を決めたという。

 「地球の歩き方」を中核とする出版事業及びインバウンド事業については、2021年1月1日以降、学研プラスが新設する子会社「株式会社地球の歩き方」の下で運営される予定だ。

この記事へのコメント

コメントを書く

  • COROPPEさん 11月25日(水)

    時代とはいえ、寂しいです。

    バックパッカーが集まると「地球の迷い方」などと呼んで馬鹿にするのが定番でしたが、はじめての海外旅行も、留学先でも、充実した現地情報のおかげで海外が何倍にも楽しくなりました。

    新会社での進化を楽しみにしています。

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

メール新規登録

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ